×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  足るを知る。

足るを知る。

足るを知る。

『足るを知る』だよ。

以前、先輩に言われた言葉で、当時の私は、『タルヲシル…?!』『樽?汁?』と漢字も浮かばず、当然意味も分からなかったけど、数年経った今は本当にこの言葉の意味を実感している。


普通に生活していてもふと最近の女優さんが逝ってしまった事を思い出し、何とも言えない気持ちになる。。。

とても大好きであるドラマで着ていた彼女のトレンチコートに憧れた20代前半。

『呆れるほどいい女』と今でもカッコいいキムタクにドラマの中とはいえ言わせたほどで私も友達もあのドラマで彼女にハマったんです。


もちろんテレビでの彼女しか知らないから、どんな人物なのかもどんな環境に身を置いているのか、どんな考え方なのか、どう生きてきたのか、何にも知らないけど、最近は自ら逝ってしまう人が多くて、たまらない気持ちになる。


もちろん、彼女が『足るを知る』じゃなかった、と否定しているわけではなくて、ただただテレビ越しにでもずっと彼女を見ていたかったな、と悲しくなっているだけです。

そして私は私が出来る範囲で『足るを知る』を忘れずに周りの人に接するしか出来ない。



『知る』繋がりで話を広げると、逆の『知らない』は。。。

『不安』や『恐怖』に繋がる。

私は長男を出産したその日、『息子の足が膝下から曲がっている!!』とビックリし、母親に電話。

そのことを伝えると『実はお母さんもそう思った。。。』と。もうこの時点で不安が広がり、色んな妄想まで浮かぶ。

この子は歩けないのか?走ることはないのか?どう支えたらいいの?などなど。

次の日の院長回診の時に聞いてみると『え?赤ちゃんってこんなものだよ。心配ないと思うけど?』と。

え?そうなの?

と。

ただそれだけ。

私が知らなかっただけで不安や恐怖は広がった。

特に我が子の事となると、それはいつもより増す気が。


あ、大好きな女優さんが産後うつだったのか?ということはこれには関係していません。

たまたま私が『知らないことが不安や恐怖を招いた』事が産後の例です。


でも産後はこういった初めて尽くし、知らないこと尽くし、そんな時だからこそ知らない=不安や恐怖は広がる。

逆に言うと、知ってる=安心になりやすい。

例えば、当たり前だけど、赤ちゃんって泣くんだよ、お腹空いたら泣くよ。でもお腹いっぱいでも泣くんだよ。飲みすぎたら苦しくて泣くんだよ。とかね。

お腹空いたら赤ちゃんが泣く、とは知っている人多い。

でもお腹いっぱいで苦しくて泣いている赤ちゃんがいるって知っている人はあまりいない。

実際に3人目の子にして私は初めてこれを実感し、心ゆるりで『この子は苦しいのよ?飲み過ぎてるの!』と言われ知ったという。

私からしたら『ちゃんと飲んでるのに何で寝ないで泣く?』と意味分からず不安だったけど、それを知れば『そっか少し飲ませるのを減らそう』と、それだけ。

だから特に産後は信頼できる、直接話せる、文字だけでのやり取りじゃなくて声が聞ける、本当は触れられる距離の人がいる環境で過
ごしてほしいなぁと思っています。


心ゆるりではそんな場を作りたい方を心から応援しています。

産後ケアはたくさんあればあるほど助かる人が増える。

競合が増える、とかじゃない。

救われる人が増えるだけ。


オンラインなのでどこからでも受講できます。

海外からの参加もありました!嬉しいですね~☆


http://www.sangocare.com/course.html



 

2020-09-30 12:06:19

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

CONTENTS

CATEGORY